是非いつか実況でやってみたいゲーム!Dead by Daylight(グロ注意)

デッドバイデイライトタイトル






追いかけられてる時のゾクゾク感がたまらない!?((( ˘•ω•˘ )))

どうもおはこんばんにちわぁ!まリスです!!
ここ最近までDARK SOULS(通称:ダクソ)の実況をやっていてすっかりダークな感じのゲームにハマりつつあるわたくしですが。
もし機会があったら実況でやってみたいな~と思っていたゲームがこちら!

はいもう怖いですね。( ˘•ω•˘ )
このゲームはサバイバー(逃げる側)と呼ばれるプレイヤー4人とキラー(鬼側)と呼ばれるプレイヤーに分かれて遊ぶ非対称マルチプレイ型サバイバルホラーゲームです。

このゲームはサバイバー側とキラー側どちらか好きな方を選択して遊ぶことができ、それぞれ面白いポイントが異なります。
まずサバイバー側はなんといってもドキドキ感や恐怖感を味わうのにもってこいです!
MAP上にランダムに存在する発電機を5台、キラーの目を盗んで修理を行い脱出ゲートを開くことによって逃げ出すことが目標です。

デッドバイデイライト 発電機

何にマッチングした仲間たちと連携し、協力し合って修理を行うかがポイントになります。
例えばキラーに誰かが追われているうちに発電機を修理して出口を確保してあげたり、仲間が襲われてピンチの時にはわざとキラーの注意を引き付けて助けてあげたりなどまず一人では助かることのできないゲームシステムになっています。もちろん協力は大事ですが、時には自分が生き残るために仲間を見捨てたりなど人間の汚い部分もでるリアル感がたまらないゲームでもあります( ˘ω˘)ニヤリ

デッドバイデイライト キラー

キラーと呼ばれる鬼側はプレイヤー側4人を殺すことが目標です。キラー側にも多数のキラーが存在し、トラップを得意としたトラッパーと呼ばれるキラー(上の画像)や姿を隠して奇襲を得意としたレイスといったそれぞれに特徴的な能力を持っています。プレイヤー側と違って視点が一人称視点になるので視界が狭くプレイヤー側を見失うことが多々ある仕様になっている。(そこがまた面白い!!)

デッドバイデイライト 肉フック
殺す方法も様々でサバイバー側を肉フックと呼ばれるフックに釣り下げて捉えると一定の時間で生存者を殺すことができ、またサバイバー側を攻撃することで出血死を狙う事もできますね。
キラー側の立ち回りとしてはサバイバー側の逃げる足音やダメージを与えるとサバイバー側が呻き声を発し始めたりするので、音で情報を得たり。
血痕をたどってサバイバー側の位置を把握したりなど追い詰める方法が満載です(`・ω・´)

このゲームには成長要素もあってキャラクターのレベルも存在します。サバイバー側もキラー側もブラッドポイントというポイントがありそれを貯めて、パークと呼ばれる能力を付けてプレイすることが可能になります。
パーク事態にもレベル1~3段階があり、レベルごとに効果が変わってきます。
サバイバー側の代表的なパーク
Spine Chill
:12・24・36m内にいる殺人鬼がこちらを向いている場合、パークが反応する。いち早く危険を察知する能力

Bond:12・24・36m以内の味方の位置がわかる。
キラー側の代表的なパーク

Deerstalker:12・24・36m以内の這いずり状態のサバイバーが見えるようになる。
Hex:No One Escapes Death:発電機全ての修理が完了した場合、攻撃の再使用速度が4・8・8%上昇、移動速度が3・4・4%上昇、レベル3のみ、一撃で這いずり状態にできる。(通称ワンパンパーク)とそれぞれ強力なパークがあるのでやり込むことの楽しさもありますね(=゚ω゚)ノ

また実況をする機会がありましたら是非友達みんなでこのゲームをプレイしてみたいなと思います(*‘∀‘)
因みにわたしはキラー側派ですね(。-∀-)ニヤリ







デッドバイデイライトタイトル
Next Storm 後援 リーグオブレジェンドバンドルシティ杯

 

コメントを残す