ゲームカレンダー 5月24日

BF5の画像






BF5の情報が明らかに。第二次世界大戦を描く

本日朝方に行われたBF5のお披露目配信で、ゲームプレイに関する情報が公開されています。

発売はEA Access、Origin Accessの加入者は2018年10月11日、Special Editionが10月16日、通常版が10月19日。
対応機種はPC、PlayStation 4、Xbox Oneで、価格は

PC版 スタンダードエディション:6264円(税込)
デラックスエディション:10584円(税込)

PlayStation 4版 / Xbox One版
スタンダードエディション:8424円(税込)
デラックスエディション:10584円(税込)

時代設定は第二次世界大戦。過去に発売された「Battlefield 1942」の意志を引き継いでいるようです。

しかし、これまでにない第二次世界大戦を実現するために制作を進めていく方針を明らかにしています。

ゲームプレイでは新しいゲームエンジンを採用することによって、現実さながらのアクションや表現が可能になっており、プレイヤーがより世界観に入り込めるようになっている。

マルチプレイでは従来のチームデスマッチやコンクエストなどに加えて、「Fortifications」という新モードも追加されている。

このモードでは独自の要塞や防空壕、陣地を築き戦いを展開していく。詳しい情報は語られていないが、人気ゲームモードになることができるのか。

新ゲームモード「グランドオペレーション」では歴史になぞられて展開していく大規模な戦争を描いている。

4人×8チーム様々なモードで進んでいき、ゲーム内の3日目まで行われ勝敗を競っていく。

もしも3日目で勝敗が付かなかった場合、4日目に突入し、リスポーンが無くなりバトルロイヤル状態になるという。

 

ゲーム全般

シーズンパスやガチャの撤廃が予定されているようです。これによってすべてのプレイヤーが平等に遊べるようになります。

各兵科ごとにスペシャリストのスキルを自分で振り分ける事ができる。例えば戦車特化、サイレンス特化など。

どの兵科でも蘇生可能に。

ゲームプレイ中の所持弾数が少なくなっているため、兵科、味方の分隊の存在がとても大きくなっている。倒した敵から弾薬を補充することも可能。

チャレンジの追加により、毎週楽しむことができる。チャレンジをクリアすることで様々なアイテムを手に入れることができる。

柔軟なカスタマイズが予定されており、武器のアタッチメントは7つほどまで付けられる。顔や服装、迷彩までも自分の好みにカスタマイズ可能。

グレネードを投げ返したり、迎撃できるようになっている。

360℃伏せ撃ちが可能

リスポーンする前に、その情報について詳しく観戦することができたり、リスポーンのタイミングを合わせることが可能になっている。

競技的なシーンも視野に入れているとの情報もあるので続報を待ちたいところ。

公式サイトはこちら







BF5の画像

コメントをどうぞ