DMMでPUBGするメリットとデメリット

DMMのPUBGのサムネイル






DMMのPUBGの画像

 

はいどーも、愛用していたイヤホンが断線してブルーな気持ちになっています。TeTsuです。

今回はSteam上で最も盛り上がっているゲーム、「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」が何故かDMM GAMESで出るということで、そのメリット、デメリットを考えていきたいと思います。

 

PUBGとは

ストーリーなどは存在せず、最大100人のプレイヤーが島内にある装備などを駆使して最後の1人になるまで戦い抜く。熾烈な激闘に勝ち抜き、見事第1位を勝ち取ったとき、日本語版では「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」と画面に表示される (英語版では”WINNER WINNER CHICKEN DINNER!”との表示)。また、2人タッグや(最大)4人スクワッドでのチーム戦モードも用意されている。:引用元 wikipedia

 

そんな大人気ゲームを作ったBLUEHOLE INCとDMM GAMESが協業し、日本国内におけるチャネリングサービスを開始することを発表した。

なんと事前予約が今日9月1日からスタートしているのだ!!

でも、PC持っててPUBGがやりたいと思う人は普通にSteamに流れるのではないか?と疑問に思っていたのだが、実はDMM GAMESで始めると様々な特典がもらえることが判明した!

そこでDMM GAMESでPUBGをやるメリットとデメリットを解説していきたいと思う。

 

メリット

 

「先着5万名限定でPUBGが通常より安く買える」

 

今回の大ニュースを発射すると同時に「DMMでドン勝!」キャンペーンを実施することを発表しました。

先着5万名ではありますが、通常販売価格3,000円(税込)のところを35%OFFの1,950円(税込)で購入可能に!

しかもDMM GAMESポイントを1950ptポイントバックもされるようです

http://www.dmm.com/lp/game/pubg/index001_html/=/navi=none

 

 

「限定スキンがもらえる」

 

DMM.com PCソフトのサイト内よりサービス開始までに「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」のパッケージ版を買った人全員に、DMM限定ゲーム内スキンがプレゼントされるそうです

SteamだとPUBGの限定ものスキンは平気で6万円以上で売れることもあるくらい価値があるものになっています。

それがDMMでPUBGを買うだけで手に入ると思うととんでもないメリットですね笑

 

「Steamの人とも遊べる」

DMM でPUBGを買っても、Steam版の人たちともマッチングできるらしいです。

まだ情報が曖昧なのですが、Steam版の人とスキントレードできる機能も実装予定みたいです。

 

デメリット

 

「リリース当初は混み合う可能性がある」

 

スマホゲーム「シャドウバース」の時もそうだったのですが、リリースしてからしばらくは人が多すぎてDMMのゲーム用ランチャーが全く起動しなかったり、ログインできなかったりと散々な感じでした。

ゲームを買ってもスムーズに遊ぶことができない可能性が大いにあるのがデメリットですね。

 

「スキンが売れない」

 

Steamだとゲーム内スキンなどがSteamのマーケットで売れるので、こつこつゲームしていればPUBGの元なんて速攻で取れるのですが、DMMだとその機能がないので元を取ることはほぼ不可能かと。

まぁ、ゲームを純粋に遊ぶなら関係のない話なんですがね。

 

まとめ

 

今考えつくメリット・デメリットはこんなところでしょうか。

今後のことも考えるとSteamで買った方が良い気もしますけどねぇ~







DMMのPUBGのサムネイル
Next Storm 後援 リーグオブレジェンドバンドルシティ杯

 

コメントを残す